美容師について

美容師の歴史

日本の髪結床、女性の髪結や男性の丁髷(ちょんまげ)などを結ってきた。

1871年 明治4年8月9日
「断髪令」の発布より「近代理容業」として生まれ変わる。

1957年
理容師法から美容師法が独立する。女性客のため
美容師法は、美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。

美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環として
カッティングを行うことは美容の範囲に含まれる。
また、女性に対するカッティングはコールドパーマネントウェーブ等の行為との関連を問わず、美容行為の範囲に含まれる。』となっており、カットを含め、化粧・マニキュア・エクステンションなど女性のための業となっている。

ただ、時代の流れにより実際は美容所でも男性のカットをしている店も多い。
厳密に言うと、男性にコールドパーマネントウェーブを行うこと、
およびそれに付随して髪のカッティングを行うことは認められるが、
男性に対しカッティングのみを行うことはできない、という見解が
厚生省から出されている。
一方、女性に関しては、コールドパーマネントウェーブに付随せず、カッティングのみを
行うことは認められている。

美容室できること

基本は、カット
次に、パーマネント
次に、カラーリング
その中では、シャンプーやトリートメントがあります。

成人式・結婚式などの髪結いから着付けもできる美容室があります。
また、美容室では、頭、肩、などのマッサージをするサービスが人気です。

ネールのお手入れもサービスメニューにあります。

最近は、男性が美容室に行くことがありますが、パンチパーマ、アイパーは、
理髪店(床屋)の方がベターでしょう。

ところで、パーマネントやカラーリングは、その人の髪質や痛み具合で、
かかる時間が大きく変わります。
初めての美容室では、時間の調整は、微妙なタイミングが必要になります。
結構、あわただしいことになります。チョット遅れるとクルクルの髪になって、
パーマがかかりすぎるので、気になります。
行きつけの美容室では、担当の美容師が、自分の髪の性質を良く知っているので、安心してのんびりしています。

最近の美容室は、メイク担当の専門がいて、メイクの一環として、
お顔を剃る行為をすることがあります。
美容室と床屋の垣根がなくたってきている感じがします。

美容室でのマナー

美容室は、高級レストランや、美術館、教会、寺院ではありませんので、
ゆったりと、のんびりリラックスした状態でいられます。
決して、極端に緊張することは必要ありません。

ただし、他のお客さんに迷惑をかけることは、避けましょう。
また、美容師にたいしても、同様に最低の配慮は必要です。
自分では気がついていないことが、往々にして、他のお客さんの迷惑になっている場合があるので注意しまよう。

美容室が困るお客さんのワースト5

  1. 不潔なお客さん
    「どうせはじめにシャンプーするから・・・」という考えで、美容室に来るのはやめて欲しい。
  2. 困った注文をするお客さん
    雑誌の切抜きを持ってきて「これで!」というのは意外と困る。
    頭の形が違うし、髪質も違うと美容師も困ってしまうそうです。
  3. 芸能人に話しかけるお客さん
    美容室で芸能人に話しかけるのはマナー違反です。むこうもプライベートですから。
    ただ、むこうから話してきたら別ですが。
  4. よく動くお客さん
    じっとしていられない人、カットがやりにくいので、困ります、危ない。
  5. 話しても反応のないお客さん
    話しかけても、ムスッとされていると気まずい雰囲気になる。
    美容室内での人間関係も良好にいきたいものですね。

予約をすっぽかした客に対してムカつく?

予約をブチされた時は来なかったねで終わるけど、連絡なしで遅刻の方がムカつく。
連絡なしで遅刻されると、他のお客様の時間にズレがでてしまう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ