美容室での注文方法

ヘアスタイルの注文方法

伝わりにくい注文はダメです。

抽象的すぎる注文

「かわいく」とか「軽く」など曖昧な表現
で注文すると、美容師はイメージが掴めず苦慮する。

「おまかせで」、「適当に切ってください」

自由にアレンジできて嬉しいと感じる美容師も一部いますが、多くの美容師が最も困るオーダーです。

注文する時のポイント

「写真・切り抜き」を持参

写真・切り抜きを持参するのが、1番分かりやすい。
出来れば横や後ろも写ってる写真がベスト

細かく注文

実は細かな注文をする人のほうが美容師にとっては楽です。
細かく注文することで、双方のイメージのずれを縮めることができます。

しっかり相談

クセ、毛質などをあらかじめ相談しておくことで、カットもしやすくなります。

具体的な「ジャンル」を伝える

「キュート」「クール」「エレガント」「セレブ」など、よりも
具体的なジャンルを伝えることで、美容師はお客様の要望が掴みやすくなります。

カラーの希望色は「状況」まで明確に伝える

ヘアカラーは、部屋の中と外では明るさが違って見える。
「部屋の中でこのくらいに見えるようにして下さい」
「外でこのくらいの明るさがイイです」
のように伝えれば、より希望に近づけられます。

ファッションは気を抜かない

身に付けてきた物すべてが美容師にとって、お客様の好みを知るための大切なツールとなります。
適当な服装をすれば、その格好に合うような髪型にされてしまいます。

かわいい髪形の人にどの店の、誰にしてもらっているか聞く

店の名前を聞いただけでは別のスタイリストが担当する可能性もあるため、
しっかり担当者まで聞いて予約段階で指名すること。

どうしてもダメな時は、お店や担当者を変える。

何度も失敗してしまう場合、お店を変えた方が良いかもしれません。

美容師と十分に相談

写真や絵を見せながら、自分の希望の髪形を詳しく伝えましょう。

チェックポイントは以下の通りです。

自分の髪質では可能かどうか?

人によって髪質は全然違います。
髪の太さや、色によって、自分の希望する髪形を再現するのは難しいという場合もあります。
「自分の髪質ではこの髪形ができるのかどうか」ということを聞きましょう。

美容師さんから、なるべく希望の髪形に近づけるアドバイスがあると思います。
納得がいくまで、よく話し合いましょう。

髪の長さは足りているかどうか

長い分には大丈夫ですが、長さが足りない場合は注意してください。
同じような髪形にはなるかもしれませんが、長さでイメージが全く違います。
場合によってはエクステでイメージに近づけるなど、工夫が必要でしょう。
美容師さんの提案を聞いてみてください。

髪の色(カラーリング)について

美容院に置いてあるカラーリストを見ながら決めていきましょう。
ただし、髪質と同様、髪の色も人によって違います。
例えば、同じ色を入れても、全員が同じ色に染まるということはありません。
多少はやってみないと分からない部分があります。
ただ、その際もイメージと違えば「もう少し明るくしたい」などと後から言って直してくれることもあります。
また、日が経つにつれて、髪の色が変わってくるときもあります。それも合わせて美容師さんに聞いてみましょう。

自分で再現可能かどうか

ヘアカタログなどに掲載されている写真は、きちんとブローしたりスタイリングしたときの髪形になります。
自分でスタイリングしなければ、再現できません。
このヘアスタイルにするには、どのようなものが必要なのか
(スタイリング剤やブラシなど)を聞いて、やり方もその場で聞くようにしましょう。
簡単に再現できる方法もあるかもしれません。

ケアについて

この髪形にすると、どのくらい髪が傷むのかを聞きましょう。
美容師さんは、髪の健康をまず考えてくれます。
どのくらいのリスクがあるのかも教えてくれるでしょう。
とくにパーマやカラーリングをする際は気をつけましょう。

トリートメントも、サロンで購入する高級なものではなく、
一般で売っているものでいいものを教えてくれたりもします。
また日頃から心がけたいことも教えてくれるので、すすんで聞いてみてください。

美容室の選び方

美容室は必ず決まったところに行く!
という人と
毎回違ったところに行く!
という人がいます。

多くの人は、お気に入りの美容室があり、
お気に入りの美容師さんがいるのではないでしょうか?

美容室の選び方のポイントとして考えられること

  • 雑誌に載っていて、そのスタイルが気に入った
  • 友人のスタイルが気に入ってその美容室に行ってみた
  • 一度行ってみてそのまま気に入ったので続けて行っている
  • 芸能人が良く行くことで有名だから通っている
  • 自宅もしくは勤め先からのアクセスが楽
  • サロン全体の雰囲気が自分にあっている
  • 担当の美容師がいる
  • 美容師はきちんとスタイルについて相談にのってくれる
  • 美容師はカット以外、パーマやカラーもしてくれる
  • 美容師の身なり、においなど気にならない
  • アフターケアのアドバイスを明確にしてくれる
  • 無理に商品を売らない
  • いつも気にいるように仕上げてくれる

自分にあった美容室を選ぶのは、簡単なことではありません。
上記のポイントを参考にして、自分に合った美容室を探してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ