美容室のオーダーで失敗しないコツ

美容室のオーダー、後悔してない?

自分がイケてると思って美容室でモデルやタレントの髪型をオーダーしてみても、出来上がった状態を見てみると、こんなはずじゃなかったのに・・・というような事は、誰しもあるのじゃないでしょうか。
なぜ、そんな事が起こるのかというと、モデルやタレントみたいなイケ面や美人じゃなかった、てな話に帰結したい人が多いわけなんですけど、他の可能性も例え微レ存であったとしても、考えてみるべきなのです。そうするとあら不思議、失敗するオーダーパターンというのは確実に存在するのです。

オーダーが具体的じゃないと、失敗する

例えば、口答で誰々みたいにしてほしい、と伝えても、人によって誰々に対するイメージというのは様々なわけですよね。ですから、あなたの思っている誰々と、美容師の思っている誰々のイメージは決して同一とは限らず、髪を切り終わると、イメージとはかけ離れたものとなっているかもしれません。このように、オーダーが具体的ではない場合、またはどのようにでも捉えられる場合、失敗する事が非常に多いです。かわいくとか、キレイにとか、かっこよくとか、そんなオーダーの仕方はもってのほかですね。

理想の髪型をイメージしやすくする

結局、美容師が想像で仕事をする事をできるだけ減らすと、失敗しないオーダーとなります。どういう事かというと、前述したように、できるだけ具体的にするわけですね。どこはどれくらい切って、どこはくるくるとして・・・という風にオーダーすると、美容師がアドリブで切る必要はなくなるので、その通りに切りやすいわけです。結果的に、オーダーどおりの髪型が完成するわけですね。
ですので、どうしてもこのようにしてほしいという注文がある際には、それをできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。もし口頭で伝えるのが苦手なのであれば、写真や文字を使うなどして、できるだけ美容師がどうしたらいいかが分かるように注文しましょう。

髪色についても具体的に

髪色というのは、難しいもので、あまり染色経験がない人だと分かると思うんですが、絶対に自分のイメージとは違うものが出来上がりますよね。ですから、それをイメージどおりとするのは非常に難しいのですが、どんな時に、どう見えるようにというイメージをできるだけたくさん伝えると、失敗しにくくなるかもしれませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ